レーザー脱毛の仕組み

皮膚科や美容外科などのクリニックで主に行われているレーザー脱毛は、サロンで行われる光脱毛と何が違うのか、その違いがわからず、サロンとクリニックどちらに通おうか悩んでいる方も多いでしょう。
レーザー脱毛とは、黒色だけに吸収される波長のレーザー光を照射して、毛の根部の黒いメラニン色素にその光が吸収されて、熱に変わります。
その熱が毛を作っている毛乳頭や毛包幹細胞などの組織を破壊することで、毛が再生する仕組みが壊されて、毛が生えてこなくなるのです。
1回だけの処置では、その脱毛効果はわかりづらく、これを毛周期に合わせて何回か繰り返し行うことで、ムダ毛のないツルツルとした肌になります。
だいたい約2〜3ヵ月に1回のペースで行うのが良いと言われています。
以前よく行われていた針脱毛に比べてみると、痛みはかなり軽減されますが、まったく痛みを感じないというわけではありません。
個人差もありますが、輪ゴムで軽く弾くような痛みを感じるものです。
黒い色素に集中して反応するため、日焼けしている部分はかなりの痛みを伴う場合もあるので、日焼けしてからのレーザー脱毛は避けましょう。
また、レーザー脱毛は、針脱毛が1本単位であるのに対して、面単位での脱毛になるので、短時間で行うことができます。
レーザー光は毛の根部のメラニン色素にのみに作用し、表皮や他の細胞を傷つける心配もありませんので、安心安全でムダ毛をなくすことができるのです。


[Recommend Site]
日焼けしてしまいレーザー脱毛が難しい場合はフラッシュ脱毛などもあります。こちらはエタラビと言うフラッシュ脱毛を行っている脱毛サロンの公式サイトです⇒ エタラビ

Copyright © 2014 レーザー脱毛の仕組みを解説! All Rights Reserved.